2018年01月03日

初詣

そま吉さんの全快を祈願して、お参りです。

2018010402.jpg

日本でも有数の有名神社、「出雲大社」!!!!!

2018010403.jpg

の分祠に行ってまいりました。

2018010401.jpg

そま吉さんの体調の回復と、家族全員の1年の健康をお願いしてまいりました。
そしてなぜか熊手を買ってまいりました。サラが最敬礼しています。
2018010400.jpg

実は昨年の年末ジャンボの当選番号をまだ確認していなかったもので・・・・
少しでもご利益があればと・・・・。
2018010404.jpg

やはり発表が昨年でしたので、ご利益はなかったようです。
まだ会社はやめられそうにありません。

posted by nekogasky at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月01日

新年ですが・・・。

そま吉さんが年末から調子悪いです。

朝から食欲なし、熱っぽい、歩くのもつらそうです。
今まで体調が悪いことが記憶にないそま吉さん。
前の日は特に変わった様子はなかったんですが・・。

掛かりつけのお医者さんが年内最終診療日の12月27日、急遽通院です。
最終日ということもあって、診療開始10分後に到着したのに2時間待ちです。

二時間待って診察。熱が39.6度と高熱。脱水症状あり。
血液検査の結果も悪い。白血球数が前回の3倍。念のためレントゲン。
気管支炎確認。
とりあえず、抗生物質の注射を打ち、様子をみることに。
本日で休診なので、明日以降様態が悪化したら連絡をしてくださいとはいわれましたが、なにせ休診なので、連絡が取れない場合は救急病院へ行くように指示されました。

年末の予定はすべてキャンセルし、そま吉さんの看病です。
(看病といっても一緒にいるだけですが・・・・)

抗生物質が効いたのか、元日現在、食欲も出てきて症状は落ち着いています。

20180103.jpg

そま吉さんだけ元気のない写真を乗せるわけにはいかないので・・・

お行儀はいいですが、完全寝ぼけまなこのサラ。
20180101.jpg

正月早々、怪奇猫と化したしるく姉さん
20180100.jpg

ことしもそま吉ブログをよろしくお願いします。
posted by nekogasky at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月24日

そま吉さんパリへ行く!?

先日、我が家の総務課長(奥様)のパリ在住のご友人が、我が家にやってきました。

その昔、我が家に来られた時のそま吉さんによる引っ掻き流血沙汰とバック傷つけ事件の被害者です。http://somakichi.sblo.jp/article/61946007.html

しかしながら今回は、尋常じゃない懐き具合で、常に後をついて回り、
撫でてもらったり、餌やおやつをもらったりしています。
飼い主の存在はもうほとんど無視です。

完全に友人の家の猫になる気満々です。

ぼーっとしているかと思えば、パリのことを考えているようです。
2017122402.jpg

食事の時も心はパリ。
2017122403.jpg

無邪気なサラの隣で寝ているかと思えば、渡航のことを考えているようです。

2017122401.jpg

その友人が日本を離れる時が近づいてきました。
飼い主としては、やはり飼い猫の幸せが一番です。
そま吉さんの想いをご友人に伝えてみました。

「え、そま君がパリに来たい? うーんちょっと無理かな?」

2017122401.jpg

そま吉さん、そんな悲しい顔をしないで。
また来年も遊びに来てくれるって約束したよ。
posted by nekogasky at 14:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月13日

新型レクサスLSと箱入り娘

新型レクサスLS。宝くじが当たらないと絶対に買えませんが、
観るだけならダダなので見てきました。

2017111302.jpg

いや〜「高級車」って感じがします。乗り出し1500万円だそうです。
試乗を勧められましたが、断りました。(買えないので売る側にとっては時間の無駄なので)

家に帰れば、新型レクサスはありませんが、
かわいい猫たちが出迎えてくれます。

2017111301.jpg

さすがの新型レクサスも、サラの可愛さには敵いません。

でも年末ジャンボは買います。

posted by nekogasky at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月03日

「乾癬(かんせん)」について独り言。最終回(猫関係ありません)

「乾癬 食べてはいけないもの」

1: 羊以外の赤身の肉(牛肉、豚肉など)
2: 加工肉(ソーセージ、サラミなど)
3: ナス科の食物(トマト、トマトが入っている加工食品、ケチャップ、ナス、ジャガイモ、パプリカ、コショウや唐辛子類、タバコー喫煙)
4: 砂糖、砂糖が使われている食事、スナック類(炭酸飲料、お菓子やデザート類、ポテトチップスやスナック菓子)
5: 貝、甲殻類(カニ、エビ、牡蠣、貝類及び、それらで作られた調味料類)
6: 全ての揚げ物、炒め物(高温の油で調理したもの)、ピザ、ビールやお酒などのアルコール類、砂糖が使われているシリアル、酢、酢で作られたピクルスやドレッシング、燻製された食品、香辛料の強い料理、ココナツオイル、ヤシ油、肉汁(野菜は肉を一緒に調理しないこと)
7: イーストに反応がある場合には、イースト及びイーストが入っている食品
8: マーガリン、ショートニング、プラスチックボトル入りの安い料理油  (調理には必ず遮光瓶入りの品質の高いオイルを使う) や、それらの油が使われているパンなど(一般に店頭で売られているパンやクッキー類はほとんど全てにマーガリンやショートニングが使われている) 

さて、何を食べればいいのでしょうか・・・・(笑)。
肉と揚げ物とアルコール全面禁止。
庶民サラリーマンの唯一の人生の楽しみ、「安い焼き鳥屋でビールを飲む」まで完全否定されてしまいました。

ここで発想の転換が求められます。

「食べてはいけないもの」を食べないというのは不可能なので、
「治癒効果がある可能性が高いもの」を大量に食べる、と「個人的な乾癬の原因と思われるもの」を食べないに転換します。

そこで食生活の振り返りです。

発症したのは社会人になってしばらく経ってからです。
実家にいた時と一人暮らしで違うものといえば・・・・・。

まず「魚」です。一人暮らしをするようになってから、「魚」をほとんど食べなくなりました。
そして増えたもの・・・。「コンビニ弁当」です。子供のころコンビニ弁当を食べた記憶がありません。(信じられないかもしれませんが当時は凄くまずかったので・・・)

別に「コンビニ弁当」が体に悪いと言っているわけではありません。
「コンビニ弁当」が本当に体に悪いのなら、すでに日本の人口は半分ぐらいに減っていると思います。
都市伝説で「廃棄コンビニ弁当」を餌に与えていた家畜が奇形になったとか、
1カ月ほっといても腐らないとかネットに怪しい情報がありますが、そんなの信じる方がおかしいです。

まあ、話半分で読んでみるのもよいかも 「コンビニ弁当の怖い話」

コンビニ弁当の問題点は、揚げ物&肉が圧倒的に多いことと、味が濃いので味覚がマヒすることです。
味覚がマヒすると満腹感がうまく機能しなくなり、多食になりがちです。
俳優の渡辺徹さんが、120キロぐらいあったころ、コンビニ弁当を一度の食事で4つぐらい食べていたそうです。
有名人なので、地方のロケに行ったりするとその地域の名士に宴席に誘われたりするのですが、
そんな地方の名物料理を食べるよりもコンビニ弁当に嵌ってしまい、お誘いを断って、コンビニで弁当を買い込み、マヨネーズをたっぷりかけてホテルで食べていたそうです。

恐るべし、コンビニ弁当。

2017110307.jpg
食事療法を始めるあたり、薬と併用すると、効果が薬によるものか、食事改善によるものかわからなくなるので、薬はなくなった時点でもらいに行かず、薬をやめます。
当然症状は悪化して精神的につらいのですが、なんとか我慢して薬を体から抜きます。
実はこれが一番つらかったりします。

背水の陣の覚悟で食の改善です。魚を意識的に食べるため、週末には必ず回転ずしに行ってマグロを食べまくり、
普段定食屋に入れば「焼き魚定食」か「お刺身定食」、居酒屋に行けば「サンマ、ホッケ、シシャモ、刺身」といった具合です。
そして毎日「サカナのサプリ」を飲みました。もちろん、コンビニ弁当は厳禁です。

2017110308.jpg

それを2年続けた結果、乾癬の症状が劇的に改善しました。調子のいい時はほとんど気になりません。

ちなみにコンビニ弁当を2食続けると悪化します。(笑)

これはあくまでも私個人の実体験ですので、乾癬に悩んでいる方が同じことをしても効果があるかどうかはわかりません。

ただ、乾癬に悩んでいる方からお金を得ることを目的としているとしか思えない方が残念ながらネットには存在しますので、そちらに騙されないよう、ご自身にあった治療をお勧めします。

残念ながら乾癬は完治しません。まずは信頼できるお医者様を見つけることから始めましょう。

おわり
posted by nekogasky at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月29日

久しぶりのツーショット

そま吉さんとしるく。

2017102901.jpg

寒いとまではいかないですが、涼しくなってきた今日この頃。
珍しくくっついて寝てました。

2017102900.jpg

昔は良くくっついて寝てたな〜とか、サラはあんまりくっつかなかったな〜とか、
ちょっと感傷に浸ってましたが・・・・

2017102902.jpg

血液検査は特に問題ないとの報告が来ましたが、相変わらず何かにストレスを感じているようで、自分の毛をむしってしまうサラです。
後ろ足のところというかしっぽの下にむしった毛が落ちています。

原因がいまだに不明で困ってます。

posted by nekogasky at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月17日

「乾癬(かんせん)」について独り言。その2(猫関係ありません)

さてようやく治療を始めるわけですが、治療言っても薬を塗ることと、食生活の改善です。
しかしながら「薬」を塗ると、症状が思いっきり改善されます。
これとはてもうれしくて、半分治ったような気分になるのですが、そのうち薬の効果が目に見えて悪くなるのがわかります。そして半年ぐらい経つと、全く効かなくなります。
お医者様に相談 → 強い薬をもらう → 効果が出る → 効果が薄れる
 → 効かなくなる → さらに強い薬をもらう → この繰り返しです。
2017101702.jpg

結局、4年ぐらいでステロイドレベル「高」の薬(写真右下のマイザー)まで辿り着いてしまい、もう薬には頼れなくなります。
ここからまじめに食生活に取り組みことになります。
さて、乾癬に良くない食べ物はといいますと・・・・。
参考にネットで「乾癬 食べてはいけないもの」で検索してみましょう。

1: 羊以外の赤身の肉(牛肉、豚肉など)
2: 加工肉(ソーセージ、サラミなど)
3: ナス科の食物(トマト、トマトが入っている加工食品、ケチャップ、ナス、ジャガイモ、パプリカ、コショウや唐辛子類、タバコー喫煙)
4: 砂糖、砂糖が使われている食事、スナック類(炭酸飲料、お菓子やデザート類、ポテトチップスやスナック菓子)
5: 貝、甲殻類(カニ、エビ、牡蠣、貝類及び、それらで作られた調味料類)
6: 全ての揚げ物、炒め物(高温の油で調理したもの)、ピザ、ビールやお酒などのアルコール類、砂糖が使われているシリアル、酢、酢で作られたピクルスやドレッシング、燻製された食品、香辛料の強い料理、ココナツオイル、ヤシ油、肉汁(野菜は肉を一緒に調理しないこと)
7: イーストに反応がある場合には、イースト及びイーストが入っている食品
8: マーガリン、ショートニング、プラスチックボトル入りの安い料理油  (調理には必ず遮光瓶入りの品質の高いオイルを使う) や、それらの油が使われているパンなど(一般に店頭で売られているパンやクッキー類はほとんど全てにマーガリンやショートニングが使われている) 

さて、何を食べればいいのでしょうか・・・・(笑)。

肉と揚げ物とアルコール全面禁止。

庶民サラリーマンの唯一の人生の楽しみ、「安い焼き鳥屋でビールを飲む」まで完全否定されてしまいました。

ここで発想の転換が求められます。(続く)

2017101701.jpg
posted by nekogasky at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月12日

「乾癬(かんせん)」について独り言。(猫関係ありません)

「乾癬」=「かんせん」と読みます。
ちょっと前にモデルの道端アンジェリカさんが乾癬を患っていると告白して話題になりました。

女性でこの病気・・・・想像するだけで可哀想すぎます。
この病気、ちょっとはそっとでは治らないですから。
なぜそんなこと言えるのかというと、私も20年来この病気と付き合ってます。

そもそも今でこそある程度有名な病気ですが、ちょっと前までは誰も知らない病気でした。
今では信じられないでしょうが、「乾癬」と診断されたのは3軒目の皮膚科でした。

「乾燥肌ですね」「皮膚弱いですね」「カビかと思いましたが違いました。ちょっと軟膏を付けて様子を見てください」10年前はこんな感じでした。
ようやく3軒目で「かんせんは原因が不明なので治療法はなく、薬で症状を抑えることぐらいしか出来ない。完治は難しい」と聞かされました。
この先生がとてもはっきりってくれたことが救いで、変な希望を持つこともなく、適当にいろいろ試しながらこの病気と付き合ってきました。

症状が出る場所が「肘」「膝」の部分が中心だったので、通常では人目に付かないことも幸いでした。

で、治療を始めて10年。ようやく「完治手前」といってもいいぐらいのところまで症状が治まりました。

でもまだまだまともな情報が少なく、インターネットで検索すると、
”日本皮膚科学会によれば「治療により発疹が完全に消失する経験は30〜70%の患者さんで見られる」”
なんて書いてあったりしますからね。乾癬患者をバカにしてるという感じですね。
「どこの世界の乾癬だよ」って感じです。

私は転勤族なので、転勤があると当然通う医院も変わります。
少なくとも私が10年間、お世話になったある程度の規模の複数の医院で、完治した人はいませんでしたよ。(ある程度までは治る方は当然います)
先々週、お医者さんに行ったら「今年ようやく経口タイプの治療薬に認可が下ました。でも効果がある人は半数いないです。」なんて言ってました。こんなレベルです。完治なんてまだまだ遠い夢の世界です。

では、どうやって症状を緩和していったのかは次回以降に書きたいと思います。

201711012.jpg


posted by nekogasky at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月09日

ダンボーラー女子部

久しぶりにちょっと大きめの段ボールが空きました。

ダンボーラーがわらわらとやってきました。

ちょっと怖い感じのしるく姉さん。あまり悲壮感がありません。
これでは捨てられていても拾ってもらえません。

2017100901.jpg

サラは捨て猫チックです。
いい人に拾ってもらえそうです。

2017100902.jpg

ダンボーラーといえばそま吉さんなんですが、
今日はというか、最近はいつもこんな感じです。
2017100903.jpg

ダンボーラー失格です。



posted by nekogasky at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月01日

ワクチン接種2017

そま吉さんとサラのワクチン接種です。
2017100101.jpg

「体調の良い時の午前中においでください」とあります。
注射を打って帰宅後、体調が変化した場合に午後から診察が出来るので、
午前中が良いのでしょう。
しかし、平日仕事をしている人にとってはなかなか難しかったりします。
さらにうちの掛かりつけの病院は、日曜が休診なので実質土曜日のみだったりします。
そうすると当然、土曜日の午前中は普通に考えて大混雑なのです。

嘆いても仕方がないので本日、土曜日午前中、行ってまいりました。

2017100100.jpg

逃げ回る二匹を無事捕獲。

病院に行くと1時間半ほど待ちました。

そま吉さんは問題なかったのですが、
サラの体重が落ちていたので、念のため血液検査を依頼しました。

さて帰宅後・・・

相変わらずのそま吉さん
2017100101.jpg

サラも元気です。

2017100102.jpg

ちなみに病院に行くためにケージに閉じ込められたそま吉さん。
サラは自分も捕まると思って逃げ回っていましたが・・・・。

しるくはそま吉さんを心配してました。
2017100103.jpg

なぜかしるくには好かれているそま吉さんです。

posted by nekogasky at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記