2011年09月23日

予想外のトラブルとちょっと考えたこと

台風。


来る事はわかっていたのですが、
予想以上の風雨で、私が苦労して設置した、
実家の地デジアンテナが吹き飛びました。

同じ埼玉で車が飛んだところもありましから、
それに比べたらアンテナなどひとたまりもありません。

もうひとつの予想外は東名高速。
この台風の中、どうしても静岡で動かせない予定があるため、
東名を通って埼玉から静岡に帰らなければなりません。

高速道路が高波をもろに受ける箇所を通るという、
今からすれば欠陥道路なんですが、通行止めになることは
当然として、問題は「台風が来る前に通過する」のがいいのか、
「台風が通り過ぎたあとに通過する」ほうがいいのかの二者択一。

前者でいけないこともない時間帯でしたが、
途中で通行止めにでもなったら目も当てられません。
自分たちだけなら何とでもなりますが、4匹の猫軍団が一緒です。

最悪な事態を考え、「台風通過後」を選択しました。
丁度、台風がアンテナを吹き飛ばしてくれたので、その修理をしながら、
東名高速の通行止め解除を待ちます。

約2時間でアンテナ修理修了。

通行止めが解除されません。 
そして夜の11時。まだ解除されません。
6時間前には通行止め箇所を台風は通過しているのですが・・・

このままではどうしようもないので、
明け方まで仮眠を取り、その後出発することにしました。

翌朝3時。 まだ通行止めが解除されていません。
一方、中央高速はほとんど通行止めが解除されたので、
中央高速でぐるっと大回りして帰ることにしました。
約150km程大回りになりますが、一般道もどこが通行止めになっているのかわからないため、
他に手段はありません。

5時間半ぐらい運転し、なんとか自宅に到着です。

6日振りの自宅でしたが、猫たちは全く警戒することなく、
それぞれのお気に入りのところで休んでいます。

そして・・・

一度食事を与えた後、猫たちはリラックスしてそれぞれ好きなことをやっていますが、
そま吉さんはお気に入りの場所で寝て、起きません。
全く起きません。10時間ぐらい寝ていたでしょうか?

20110922.jpg

ただでさえ神経質なのに、車に長時間乗せられ、知らないところに連れて行かれ、
知らない人間にも遭遇・・・・

実は相当なストレスだったのでしょう。

もし長期間家を空けることになるとしたら、今度は別の手段を考えます。

ごめんね、そま吉。
posted by nekogasky at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんばんは。

アンテナ修理に、台風影響下での猫さん、アニーさんを伴っての帰宅お疲れさまでした。

そま吉さんの寝姿を見て涙が溢れました・・・
やっぱり神経を使ったのですね・・・
でも頑張りましたね、そま吉さん。
ゆっくりゆっくりお寝んねしてね・・・
そしておうちが大好きなんだね、そま吉さん。

では。



Posted by ソノフユ at 2011年09月24日 00:42
軍団の皆様もnekogaskyさんもお疲れ様でした。

東名は本当によく通行止めになりますよねぇ。
+150kmは決断に相当勇気がいることと存じます。

運転お疲れ様でした。

ねこは家に懐くと言いますからねー
私も、旅行の時はいつも悩みます。

飼い主的には預けた方が安心ですが、
猫的には、1日2回くらい誰かに来てもらう方がいいのですかねぇ。
Posted by chaitoshion at 2011年09月25日 13:25
ソノフユさんこんばんは。


そま吉さんに対する気遣い充分のコメントありがとうございます。
そま吉さんは幸せものです。


完全熟睡でピクリとも動かないそま吉さんを見て、
「可哀相なことをしてしまったな」とちょっと反省しました。

しかしながら、昨日から完全に通常モードになり、
ご飯を残しておやつを欲しがったり、トイレの砂を散らかしたりと、
わがまま全開のそま吉さんを見て、
「可哀相じゃなかったかも」と思ってしまいました。

とにかくケロッとしています。

ではでは
Posted by nekogasky at 2011年09月25日 20:30
chaitoshionさんこんばんは。


ねぎらいの言葉ありがとうございます。
東名高速には参りました。
とにかく猫が心配なので、ほとんどノンストップで帰ってきました。

家に着いたらすっかり落ち着いたので、一安心でした。
(そま吉さんはその後爆睡してしまいましたが)

次回は誰かに来てもらうように頼もうかと思います。(でも4匹なので引き受けてが・・)


ではでは
Posted by nekogasky at 2011年09月25日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48135402

この記事へのトラックバック