2011年08月28日

事件の真相とサザエさんのOP

メダカ水槽。

2011082800.jpg

設置して3ヶ月以上経過。

猫たちは水を飲むだけなので、
魚には興味がないと思われました。

そんな水槽ですが、先週、メダカが1匹行方不明になりました。
以前、飛び出し事故があったので、水槽にはふたをしています。

死んでしまったとも考えたのですが、
死体がありません。
小さい水槽なので、見つかるはずです。

魚たちは人間がくると餌がもらえると思って
水面にあがって来ます。

猫が水を飲むときも勘違いをして、
あがっているので、誤って猫に飲み込まれてしっまったと
思っていました。

あくまでも事故で。


ところが本日、衝撃的な現場を総務課長が目撃しました。

ある猫が水槽のところにいて、振り向くと・・・

なんと口に魚を咥えていたというのです。

悲鳴を聞いて駆けつけると、
大声に驚いた猫が魚を「ポロ」っと落としました。
それを保護して水槽に戻しました。

ということで、前回の行方不明事件も「事故」ではないことが
判明しました。

本能に忠実な猫とは・・・


2011082801.jpg

後姿も巨大なしるく姉さんです。

魚を捕ること自体は、国民的アニメの歌にも歌われる程の
猫の本能なのでしかることもできません。
水槽を完全防備をするしか手段がありません。

裸足で追いかけてもたぶんダメです。
posted by nekogasky at 22:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんばんは☆

ギャ〜〜!
まさかと思って読み進めたら案の定、メダカさんパクしてしまったのですね・・・
それは総務課長さん、さぞや驚かれたことでしょう。

私なら腰を抜かしていたでしょう。

そしてさすがのしるくさんでしたか・・・・
いやはや(汗)
今日は正面からではなく後ろ姿のお写真なので
恐怖感がますます出ております〜〜

今日のメダカさんは助かって良かったです。
でも猫の本能ですからね・・・仕方ないですものね。

私の猫友さんで、猫(ソマリ)とインコを一緒に飼ってる方がいるのですが、
やはり時々心配ごとも起きるようです。。。

猫と魚、猫と鳥・・・
共存は大変でしょうがファイトです!

では〜
Posted by ソノフユ at 2011年08月29日 00:41
わ〜おっ (゚д゚)!!

やはりニャンコ達には油断できませぬなっ★

お魚くわえた。。。ではありませぬが、先日、またしても猫がGを捕まえまして。。。
私⇒絶叫
アビコ⇒お風呂場から捕まえて来て瀕死のGでじゃれている。
ブルソマ⇒怖いので隣の部屋から観戦。

ほんとに、怖かった夏の夜でした。。。
Posted by まみぃ at 2011年08月29日 21:04
ソノフユさんこんばんは。

やはり猫でした。
奇跡的に魚は助かり、今日も元気に泳いでいます。

よく猫とハムスターとかソノフユさんの友人のように
鳥類を一緒に飼っているという話を聞きますが、難しいところもあるんでしょうね。

もうちょっとで
「あぁあ〜、こんな悲しみあるものか」と歌わなければいけないところでした。

とにかく管理に気をつけます。


ではでは
Posted by nekogasky at 2011年08月29日 23:30
まみぃさんこんばんは。

Gですか。
それは怖いです。
そういえば先日、ベランダにおいてあったダンボールに、
Gがいて、部屋に入れてしまいパニックになりました。
にゃんこ軍団だと弄んで食べてしまう恐れがあったので、
隔離して即効で殺虫剤で★になってもらいました。

軍団は益虫であるクモを食べえしった前科があるので危険です。

しかしアビちゃんもやりますね〜。
一方のブルそ魔君が意外です。

一緒になってじゃれるとおもったのですが・・・

とにかくGは怖いです。
(まだ思い出してしまった)

ではでは
Posted by nekogasky at 2011年08月29日 23:36
お久しぶりです!!

やっぱりねこは、21世紀でもお魚をくわえるんですね(笑)

我が家では、布団から出てくる「羽毛」をよく食べています…
Posted by みさと at 2011年08月30日 17:44
みさとさんご無沙汰しています。

はい、昭和猫としても通用します。

せいら嬢は「平成」な感じですね。
しかし羽を食べるとは。。。。

それはちょっといただけないですね。
体に悪そうです。

そういえば昔飼っていた猫はスズメを捕まえて食べてました。
羽も食べてました・・・。

こちらも21世紀に持ち越されたようですね。

ではでは
Posted by nekogasky at 2011年08月31日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47602086

この記事へのトラックバック