2011年01月23日

飼い主失格

お世話になっている病院の先生にも強い口調で注意されました。


週末、部屋の掃除に使った綿棒のケースを、サラがひっくり返しました。

そま吉やしるくもやってきて、散らばった綿棒にじゃれ始めました。
そま吉は綿棒遊びが大好きです。http://somakichi.sblo.jp/article/36523761.html

しるくも綿棒が好きで、綿棒を咥えて総務課長の部屋に持って来ました。

綿棒で遊んでいるしるくに、部屋で寝ていたせぴあが気付き、
他人のものが大好きなせぴあは、綿棒を奪いにいきました。

取ったり取り返したりしているうちに、興奮したせぴあが、綿棒を取られまいと
口の中に入れ、飲み込んでしまったのです。


翌朝、病院に行きました。
綿棒は中央部分がプラスチック。

状況を説明し、吐かせる注射を打ちましたが、
吐きませんでした。(少数ですが、吐かない猫もいるとのこと)

毒ではないので早急に取り出さなければならないというわけではありませんが、
状況によっては内視鏡による取り出し、開腹による取り出しもしなければなりません。

催吐剤注射を打ったので、その日は様子を見ることにしたのですが、
先生から、ペットの事故は「防げない事故」と「防げる事故」に分かれるが、
今回は完全に「防げる事故」であることをよく自覚してくださいといわれました。


心配しながら一夜明けた今日、せぴあが排便をしたのでチェックすると、
綿棒が出てきました。 
しるくがかなりかじっていたので、プラスチックの部分が簡単に折れ曲がるように
ボロボロになっていたのが幸いしたようです。
病院に一報を入れ、安堵感で力が抜けました。

DSC11012300.jpg

大嫌いな注射を打たれたせぴあは不満げです。

結果的には助かりましたが、今回は反省すればOKという気分にもなりません。
posted by nekogasky at 22:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんばんは。

せぴあさん、大事に至らなくて良かったですね。

あまりご自分を責めないでくださいね・・・

では。

P.S.
ただのお見舞いコメなので返信ご遠慮しますね。
Posted by ソノフユ at 2011年01月23日 22:44
良かった〜
本当に良かったです〜〜。゜(゜´Д`゜)゜。
猫さんの誤飲誤食、一瞬で...っていう時
ありますもん
うちも、とりあえず何でも食べる派が2名ほどいるので;;;;
今まで心臓が痛くなる想いで
毎回ウンぴを粉砕して、調べたことも何度か...(´-ω-`)
しるくちゃん、とにかく大事にいたらなくて安心しました。
でも、ちゃんと注意してくれるその先生
いい先生だと思います。

↓の記事のことでごめんなさい
サラちゃんとしるくちゃんのお写真がとっても可愛くて
うっとりしちゃいました
とってもお美猫さんですね〜(#^-^#)
Posted by りんぽぽ at 2011年01月24日 02:08
ソノフユさんこんばんは。

コメントありがとうございます。
本当に運が良かったです。

今回はちょっと落ち込みました。
先月にもアニー先生で誤飲事故を起こしたばかりだったので。

単独なら安心でも、複数だと全く状況が変わるってことを、
体験したばかりだったのに・・・。

せぴあが全く変化なく元気なのが救いです。
Posted by nekogasky at 2011年01月24日 22:52
りんぽぽさんこんばんは。

ご心配をおかけしました。

今回は飲み込むところを丁度目撃しました。
「えっ、え?」って感じでした。

掛かりつけの先生は凄くいい先生です。
ちゃんと今の状況を説明していただき、
考えられる処方のパターンとそのリスク
も言って下さるし。
結局、少し様子を見ることになったのですが、
「なにか変わったことがあったら、すぐに
とにかく連れてきてください。」と
指示をしてもらえたので、心強かったです。

りんぽぽさんのところの何でも食べる派・・・。
ひとりはなんとなくわかりますが、もう一人がわかりません。


しるくとサラを褒めて頂き、ありがとうございます。
りんぽぽさんのソマリ〜ずに比べると、全然あか抜けてなくて
「野良」っぽいですが、我が家の看板娘です。

あ、それから綿棒を飲んだのは「せぴあ」の方です。

ではでは〜。
Posted by nekogasky at 2011年01月24日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42804262

この記事へのトラックバック