2022年02月23日

★FIPの記事

先日、デイリー新潮様からFIPの記事が配信されました。
https://www.dailyshincho.jp/article/2022/02211038/?all=1&page=1

Yahoo!ニュースにも転載されましたので、ご覧になったかともいるかと思います。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e10df495e15e531f59ad16a06f06f33948f485c?page=1

2022022301.jpg

記事の内容の関してはみなさんそれぞれ意見があると思いますが、
思いっきり間違っている箇所があるのでそこは訂正しておきたいです。

「現在入手可能な治療薬が中国製の「ムティアン」しか存在せず」
ここが思いっきり間違っています。
米国ギリアド社の「GS-441524」はFIPの治療薬として認可されていないだけです。
ですので、米国ギリアド社から正式ルートで試薬として購入が可能な方なら手に入れられます。
「FIPの治療はしたいけれど、権利を侵すようなことはしたくない」という獣医師の方もいます。
その先生たちは正式ルートで入手して治療をしています。
それをこの記事は無視しています。完全に誤りです。
もうちょっと調査してから記事にしてほしかったです。

そしてこの記事では治療費に対してのクラウド・ファンディングに批判的なようにみえます。
(飼い主としての覚悟について書いているかもしれませんが・・・)

確かに詐欺は論外ですし、「?」という方もいらっしゃいます。
私的には本当にお金がないのならやれることはすべてやるべきだと思います。
飼い猫のことを一番に考えるべきです。
飼い主が人様からどう思われようといいじゃないですか、それで猫が助かるなら。
わかってくれる人はわかってくれますし。

私は今回のしるくの件で本当に人の温かさが身に沁みました。
しるくにもそれが届いたから元気になったと思ってます。

「みなさんに助けられた」
FIPの記事を読んでその時の想いが甦りました。

おかげ様でこんな幸せな光景を見ることが出来ています。

2022022302.jpg

本当にありがとうございました。
posted by nekogasky at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
読みました。読んで最初に思ったのが、こういう誤った情報を、誤った正義感で“問題提起してやった”みたいな顔で押し通されるのが大嫌いです。
仰る通り悪用するものは許してはいけないです。でも本当に藁にもすがる思いで、これがうちの子だったらという切実な気持ちで繋がる支援を、覚悟だ準備不足だと一方向から投げつけてくるのは違うと思います。
発言力があるなら、まず弱者を責めるのではなく認可薬に出来るようにするための流れを作る方法があるのか、我々に出来ることがあるのか、そういうことを前提にしてくれたら後に続くことが出来ます。
救える命を救う。そのために出来ることをしていく。今できるのがそれだけなら、今後も支援は続けていきます。しるくちゃんの頑張りが、いま辛い思いをしている子に届きますように。
Posted by えちゅママ at 2022年02月24日 09:28
えちゅママさん
杉本彩さんは尊敬していますが、この記事は結論ありきで書かれているのが残念です。
治療薬が権利者に無許可製造、高額であることに踏み込んだのはいいのですが、そこから治療法について掘り下げるのではなく、治療費のクラファン批判に結びつけているのか残念です。
北里大学さんのFIP治療の取り組みや、なんとか保険適用が可能な治療を模索している獣医さんとか素人のわたしでも耳にするのに。
この記事には矛盾がありまして、長年の動物愛護の実績がある杉本さんでさえ、FIPのことを知ったのがつい最近だと言ってます。杉本さんレベルでも知らない病気を、初めて猫を飼うような人が知っていますか?
初めて猫を飼うので心配だからきちんと保険に入り、ある程度のお金も用意しました。が、FIPと診断されました。大型タイプの猫なので子猫でも体重が3キロ近く、最悪の複合タイプです。
薬代は200万以上掛かりますが、無認可なので保険適用外です。
手持ちの80万で治療を開始しましたが、今後の治療費も考え、クラウドファンディングも始めました。
この飼い主は覚悟が無くて無責任ですか?
この記事ですと無責任という範疇ですよね。ありえません。


Posted by nekogasky at 2022年02月25日 06:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189355966

この記事へのトラックバック