2021年04月25日

★ありがとうございました。

昨日4月24日の午後、サラが永眠しました。

まるで眠っているかのように安からかに虹の橋を渡りました。

サラの闘病中、皆様に飼い主の私たちはもちろん、サラも元気づけられ、感謝しております。

サラもきっとお礼を言っていると思います。本当にありがとうございました。

本日の午前中に葬儀を行いました。
サラの大好きなぬいぐるみと一緒に荼毘に付しました。

小さな骨壺に入ったサラと一緒に帰宅すると、
サラが昨日まで寝ていた2階のリビングがまるで現実感がなく、
喪失感につぶされてしまいそうですが、最期の最後まで頑張ったサラに、湿っぽい感情は不要です。

サラは今頃、天国で大好きなせぴあと一緒に遊び廻っているでしょう。
約半年、まともに走ることもできなかったので。
そして友達猫のラピ隊長やリッカちゃん、水無月くんとも仲良くしてるかな?
遊び過ぎてアニー先生に怒られないように!

サラ、いつまでも大好きだよ!!

2021042503.jpg

2021042502.jpg

2021042504.jpg

2021042505.jpg


気持ちを切り替えて、サラと同じような事例が少しでも減ればと思い、ちょっと文章を書きます。

サラの正確な死因はわかりません。

最終的にサラを診察していただいた、2つの病院の先生のお話を総合すると、
・頭の部分に腫瘍ができた。
・蓄膿症が悪化し抗生物質が効かないタイプに変わり、いろいろな疾患を引き起こした。

の可能性が高いといわれました。

ちょうどブログを書いていたので記録が残っています。
http://somakichi.sblo.jp/article/185327187.html

サラに異変が起きたのは2018年の12月末。
症状は「鼻血」です。
正に血がぽたぽたと床に垂れるような感じで、びっくりして病院に行きました。
鼻を強打したのか、頭部に腫瘍が出来たのか、悪い細菌のへの感染等が考えられ、
血液検査を行えば何らかの数値に現れるということで、とても心配しました。

ところが血液検査に問題はなく、サラも元気でしたので一安心したのですが、
http://somakichi.sblo.jp/article/185410560.html
その後も「鼻血」は収まることなかったので、鼻を何かに強打したという線が消え、
サラは元から患っている蓄膿症が原因で強めのくしゃみをよくするのですが、
くしゃみによって鼻の血管が切れてしまうのではないか、ということになり、
蓄膿症を抑え、呼吸をスムーズにするために自宅で治療を行うことになりました。2019年4月から。
http://somakichi.sblo.jp/article/185892865.html

そのまま自宅治療&通院を繰り返していたのですが、2020年1月にまた鼻から尋常じゃない出血があり、
とにかく原因をある程度しぼり込むための蓄膿症の手術をすることになりました。
http://somakichi.sblo.jp/article/187089881.html

その後サラの容態が安定し、サラの年齢と手術の危険性を考え、手術は行わないことにしました。
http://somakichi.sblo.jp/article/187218620.html

2020年8月頃から食欲不振+涙のう炎+蓄膿症悪化
http://somakichi.sblo.jp/archives/202008-1.html

残念ながらここからサラは回復することがありませんでした。
みなさんの愛猫が鼻から大量の出血をした場合、徹底的な検査を行ってください。

猫の年齢により、できることとできないことがありますが、
病院からの紹介により、大病院で現在はかなり高度な検査と手術ができるそうです。(CT/MRI)
(サラの体調が回復した場合、大阪でその検査と手術を受ける予定でした。)

すべての猫が健康で天寿を全う出来ますように!!

posted by nekogasky at 15:14| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
サラちゃん、良く頑張ったね。そして今は元気に天国を走り回っているでしょうね。nekogaskyさん、一言では何も言えませんが、サラちゃんの闘病生活を支えてあげてお疲れ様でした。サラちゃんも朦朧の意識の中で嬉しかったと思います。心よりご冥福をお祈りいたします。
Posted by lanlan at 2021年04月25日 17:09
初めてコメントさせていただきます。私は犬飼いなのですが、猫も好きでサラちゃんをはじめ、ソマリが本当にかわいくてかわいくて。実は5年ほど前からブログにはお邪魔させていただき、癒やされまくっております。
ブログ等も見るだけで、コメントは全くしないのですが、今日はどうしてもサラちゃんにお礼を言いたくて、書かせていただきました。
今まで私のガサガサの心を癒やしてくれて本当にありがとう。これからお空で皆さんを見守ってくださいね。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
nekogaskyさんご家族もどうかどうかお体ご自愛ください。

Posted by nariri at 2021年04月25日 17:36
サラちゃん、頑張ったね。可愛くてとても綺麗な君は、とても強い子でもありました。
お空で大好きなぬいぐるみ遊びや、ビニール袋カシカシ。
そして大好きなせぴあくんと仲良く過ごして、一緒に軍団を見守ってね。
いつまでも大好きだよ。

個人的なことで恐縮なのですが、nekogaskyさんのブログを通してサラちゃんと出会わなければ、我が家のソマリ、くるみと出会うこともありませんでした。
サラちゃんのことを知らなければ、そもそも猫を飼うこともなかったでしょう。
猫と共に暮らす幸せ、その切っ掛けを与えてくださったサラちゃんとnekogaskyさんに感謝しています。

nekogaskyさん、並びに奥様、どうぞご自愛ください。

サラちゃんのご冥福を心からお祈りします。
Posted by くるみパパ at 2021年04月25日 18:07
ほっこりする文章とともに愛らしいルックスで癒してくれてありがとう。
サラちゃん、安らかに。
Posted by at 2021年04月25日 21:47
言葉が見つかりません。
ただただ悲しいです。
あの頃が懐かしく、涙が止まりません。
Posted by ソノフユ at 2021年04月26日 01:48
すみません、何度も。
先程は失礼しました…
ジメッとさせてしまいごめんなさい。
サラさん本当に今までありがとう。
もうせぴあ君と遊んでるんでしょうね。
水無月のこともよろしくね。
Posted by ソノフユ at 2021年04月26日 05:18

nekogaskyの一家の皆様
なんといったらいいのか、
安らかにいかれたことが、救いです。
サラちゃんの面差しが、nanaに似ているので姉妹の様に勝手に思っていました。
孤高で本質は甘えん坊な感じも大好きでした。せぴあくんとのコンビも見ていて微笑ましくて、ブログを通じて穏やかな、温かい気持ちをいただいていました。
サラちゃん、ありがとう。
そして、nekogaskyさん、奥様、どうぞご自愛くださいますよう。
おふたりにも、ななと気持ちを込めて元気玉を送ります。
とりとめのない文面で、すみません。
Posted by nananomama at 2021年04月26日 10:17
なかなか言葉にならず、お悔やみが遅くなってしまいました。ごめんなさい。
サラちゃんお疲れ様。本当によく頑張ったね!
お空ではせぴあくんとアニー先生、そしてお友達たち、もちろんラピもリッカも一緒に、頑張ったサラちゃんを拍手で迎えたと思います。神様もいっぱい褒めてくれたよね。
今までたくさん可愛いお顔を見せてくれて、ありがとう。サラちゃんのこと、ずっと忘れないよ。

nekogaskyさんも奥様もどうかどうか、ご自愛ください。
お辛い中、全ての猫さんと猫家族のために闘病のご報告も本当にありがとうございました。
サラちゃんのご冥福を心よりお祈りしています。
Posted by りんぽぽ at 2021年04月28日 16:09
lanlanさん

こんばんは。
サラは本当に頑張りました。サラの闘病生活を支えたと同時にサラに支えられていた感じもあります。
この4か月はほぼサラ中心の生活でしたので、サラがいなくなって生活のペースを立て直すのに苦労しましたが、ようやく通常の日常に戻りつつあります。
まだ3匹の猫たちがいますので、しっかりしないといけません。

サラへの書き込みありがとうございました。


naririさん

こんばんは。
5年前からの応援ありがとうございます。
サラもとても喜んでいると思います。
完全に手前味噌になりますが、サラはほぼ満点の猫だったと思います。
みなさんの書き込みを読みまして、その思いを強くしました。
我が家もようやく通常に戻りつつあります。

サラへの書き込みありがとうございました。



くるみパパさん

こんばんは。サラをきっかけにして良い出会いがあったようで、
サラも鼻が高いでしょう。お行儀よくおすまし顔で微笑むサラが浮かびます。
思えば私がソマリを飼ったのもある人のブログがきっかけでした。
このように何かで人が繋がっていくのは良いですね。
もう少しで我が家もサラの写真の整理を始められそうです。一番の写真を遺影にします。

サラへの書き込みありがとうございました。



無記名さん。こんばんは。

サラへの書き込みありがとうございました。
サラのルックスはソマリ最強クラスだと勝手に思っている飼い主からすると、
サラに代わってお礼をいいたいです。サラも喜んでいるでしょう。


ソノフユさん

こんばんは。まさかこんなことでコメントのやり取りをすることになるとは、
あの頃には夢にも思いませんでしたね。
今思い出しても本当に楽しかったですね。
お互いに後先考えずに猫が4匹まで増えてしまって。
最近のような気もしますが、10年以上ですから完全にひと昔のことなんですね。
でもまだ残りの猫たちのためにも飼い主としての役目をしっかりと務めましょう。

サラへの書き込みありがとうございました。


nananomamaさん

こんばんは。
サラは安らかに旅立ちました。寝ているのと変わらない感じでした。
でも再び心臓が動き出すことはありませんでした。
nanaちゃんもサラに似ているのなら、サラの代わりに少しでも長生きしてくれると嬉しいです。
サラもそう思っているでしょう。いつも応援してもらってましたから。
せぴあとサラの二匹ともいなくなってしまったと考えると、やっぱり辛いですが、
まだまだ我が家には3匹の猫たちがいますので、しょんぼりしていられません。
元気玉ありがとうございます。効きました!

サラへの書き込みありがとうございました。


りんぽぽさん

こんばんは。りんぽぽさんのブログがなければサラは絶対に我が家に来ませんでした。
サラにとって我が家に来たとことがベストとは限りませんが、我が家とってサラが来たことは本当に幸せなことでした。
我が家に来た人たち、サラを連れて行った先の人たちは、みんなサラにメロメロでした。
そんなサラと過ごした最後の1週間は、いろいろな力がサラに働いていると感じました。
本来なら生きていることはできないはずなのに。
だからサラが我が家は来たことはサラにとっても幸せだったと思い込んでいます。
そして今頃はみんなで仲良く楽しく遊んでいると思ってます。

サラへの書き込みありがとうございました。
Posted by nekogasky at 2021年04月29日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188611939

この記事へのトラックバック