2016年09月22日

福岡「鳥皮」の真実

台風は通過したとはいえ、高速道路が閉鎖されるほどの雨と風が強い中、
全然知らない街の一般道を走ります。
ちょうど旅行前にカーナビが故障してしまい、スマートフォンのアプリナビを頼りに
走るのですが、これがまた操作性が悪くてストレスがたまりまくりです。
そして指示するルートは地元の人でも走るかどうか怪しい峠道です。
雨で視界が悪い中、カーブを対向車線のトラックが思いっきりセンターラインををはみ出して来たり、
落ちたら人生が終わってしまうような険しい道をしばらく走ります。
一時間半ほど走ると、通行止めとなっている区間を抜けたので、ちょっと大回りになりますが、高速に乗って福岡まで行くことができました。

福岡の目的は二つ。
「屋台」体験と「鳥皮」です。
屋台は有名ですが、「鳥皮」は先日、TVのケンミンSHOWで「福岡の鳥皮はほかの県と違って特殊で別物」っていうのをやっていて、興味を持ったからです。

屋台は那珂川沿い(中州?)「永ちゃん」に行きました。

2016092109.jpg

この店はネットで名前検索しても出てこない・・・。新しいお店なのかな?
(同じ名前の別の店は出てくるんですが・・・)
とにかく、お店のお兄さんがえらくイケメンでびっくりしました。
いろいろ焼いてもらっておいしかったですが、開店直後すぐに満席になり、
若いお姉さんが並んでしまったので、追加注文はぜず、席を立ってあげました。

ごちそうさまでした。

2016092121.jpg

次は渡辺通りの屋台「おかもと」さん。

2016092110.jpg

こちらも有名な店らしく、北海道テレビが取材中でした。
私たちの隣の女性二人連れ(美人)には取材していましたが、私は当然無視されました。

ここで「鳥皮」を頼んだのですが、お店の人から「ケンミンSHOW見たの?」と逆に質問されてしまいました。

2016092111.jpg

どうやら先週のケンミンショーの放映後、「鳥皮」を注文する客が急増したそうです。
それでもって、「ケンミンSHOWで紹介した「鳥皮」は一部の鳥皮専門店が出している鳥皮で、福岡の鳥皮が全てあのような鳥皮じゃないんだよ」と教えてくれました。
鳥皮を出すと、「違う、こういう鳥皮じゃない」ってお客さんから言われるたびに説明するのがいやになるっていってました。

有名なラーメンも頼みました。おいしかったです。

2016092120.jpg

屋台を堪能し、鳥皮の謎も解け、明日はにゃんこ達の待つ我が家に帰ります。

posted by nekogasky at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは。
そま吉さんの表情が面白くて、時々見させてもらってます!
うちにも、ルディのソマリがいます。

福岡に来られたのですね。
私は数年前に福岡に越して来ましたが、屋台には行ったことがありません。。
九州の鶏がおいしいのも、越してきて初めてしりましたよ。
Posted by macoleon at 2016年09月23日 18:20
macoleonさんこんばんは。
書き込みありがとうございます。

はい、福岡に行ってまいりました。
屋台はあまり地元の人は行かないみたいですが、
やはり観光としてははずせないかと。
雰囲気代が加算されていますので、お得感はありませんが、それは仕方ないところで。
入った二店とも充分楽しめましたからよかったです。

福岡=鶏のイメージは確かにないですね。
もつ鍋とかトンコツラーメン、土産は明太子のイメージが強いです。

レオン君の写真見ました!
うちのタヌキソマリと違って立派なライオンソマリですね〜。
正統ソマリっていう感じです。

おすすめの福岡情報があればよろしくお願いします。

ではでは〜
Posted by nekogasky at 2016年09月24日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176969333

この記事へのトラックバック