2015年09月15日

写真

ちょうど1年前の今日、我が家からせぴあがいなくなりました。
あの時、コメントをいただいたみなさま、どうもありがとうございました。
本当に精神面では助けられました。改めてお礼申し上げます。

当時は過去の記事とか写真を見ることも出来ず、せぴあの思い出も語れず、
いっぱいいっぱいでしたが、1年経つと悲しさは変わりませんが、
気持ちにある程度落ち着きも出てきました。

1年と3日前。本当に急変でした。
いつもよりもご飯をよく食べたのが土曜日だったと思います。
自分からねだって来たりしたのでうれしかったのでよく覚えています。
しかし翌日、朝、いつもケージの中から「出して出して!」と立ちあがってドタバタしているせぴあが全く動きません。正確には動けないようでした。
朝一で病院に行ったところ、毒素が脳に回って意識が朦朧としているとのことでした。
点滴するぐらいしか処置が出来ず、いつもより多めに点滴をしてもらったところ、
少し意識がはっきりしてきたようでした。その後も様態はあまり良くならず、
翌、月曜日にはさらに悪化。病院は休診日でしたが、前日に連れてきてもいいといわれていたので、連れて行きましたが、やはり点滴をするぐらいしか出来ず、点滴を打って帰ってきました。
先生から「かなり厳しい」と言われましたが、まさかその日の午後にいなくなってしまうとは思いませんでした。
せぴあが猫伝染性腹膜炎(FIP)を診断されてから、「絶対に元気になるんだ」という願掛けで、発症以降、せぴあの写真は撮りませんでした。
気持ちの整理がついてきた頃、写真の整理をしていたところ、妻が撮った写真にせぴあが映っていました。
日付は2014/9/11でした。 亡くなる4日前です。
20150901500.jpg

せぴあ。元気になった写真を載せることは出来なかったけど、
大好きなしるく姉さんとの写真だからいいよね。せぴあが見守ってくれているおかげでみんな元気です。



posted by nekogasky at 23:41| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
セピアさんの写真 しばらく見て、辛かったろうな、生きようとがんばっていたんだろうなと思うとまたまた泣いてしまいました。元気になって しるくさんとの写真を見れるように祈っていた事を思い出しました。そま吉さん しるくさん サラさん
セピアさんの分も 長生きして下さい!
まだまだ 辛いと思いますが セピアさん も いつも一緒に見守ってくれています!がんばって下さい! 写真 ありがとうございました。
Posted by りんなな at 2015年09月16日 21:20
せぴあくんとしるく姉さんのツーショット。
想いがよみがえって切なくなってしまいました。
時が経っても本当に悲しみや切なさはきえないんですね。

でも、在りし日のせぴあくんに会えて改めて声をかけることができて良かったです。

nekogaskyさん、ありがとうございます。
Posted by nananomama at 2015年09月16日 21:23
何だか気持ちが一杯で何とコメントして良いのかわかりません。

nekogaskyさんと、総務課長さんの悲しみの大きさは、きっと経験していない私には想像できないものだと思います。
もう1年も経ったのですね。

生前のせぴあくんと、シルクお姉さまのお写真見られて嬉しかったです。ありがとうございます。

FIPの治療法が早く見つかることを強く祈るばかりです。
Posted by chaitoshion at 2015年09月16日 23:43
nekogaskyさん、せぴあくんのお写真をアップしてくれて
ありがとうございました
又せぴあくんに逢えて、嬉しいです
せぴあくんが、とっても優しい表情でご家族を見守ってる姿
目に浮かびます

1年...ですか
なんとなく落ち着いたように思っても、悲しみは癒えませんよね
私も何年経っても自分の気持ちに整理がつきません
でも、だからこそ、ずっとその子のことを
忘れないでいられるのかもって思います
虹の橋で再会するその日、楽しみですよね
Posted by りんぽぽ at 2015年09月19日 15:52
りんななさんこんばんは。

やっぱりせぴあの元気な写真を載せたかったです。
でも皆さんのおかげでせぴあも頑張ってくれたと思います。
残った3匹が少しでも元気でいられるようにするのが飼い主の務めだと思ってます。

コメントありがとうございました。
ではでは〜
Posted by nekogasky at 2015年09月26日 20:55
nananomamaさんこんばんは。

やっぱり1年経ったといっても思い出すとつらいですね。
かといって何も触れないのもどうなのかと。
せぴあは明るくて元気な猫だったので、いつまでも湿っぽいのもこれまた違う感じだし・・・。
せっかく見つけた写真なので思い切って載せてみました。

コメントありがとうございました。
ではでは
Posted by nekogasky at 2015年09月26日 20:56
chaitoshionさんこんばんは。

本当にこのFIPの治療法が見つかってくれないと、こんな思いをする飼い主の方が後を絶たないですから。そう考えるととても辛いです。

おかげ様で3匹の猫たちは今日も元気に走り回ってます。
せぴあの分も元気でいてくれると思います。

コメントありがとうございました。
ではでは〜
Posted by nekogasky at 2015年09月26日 20:56
りんぽぽさんこんばんは。

はい、1年経ちました。
悲しみに上も下もないと思うんですが、お互い天寿を迎えたと思える状況と比べるとやっぱりどうしても割り切れない部分がありますよね。
それはどうすることもできなし、する必要もないとはわかってるんですけどね。
そこがなかなか・・・。

虹の橋での再会なんですが、今の状態だとせぴあに気付いてもらえない可能性が非常に高いので、5kgの減量を行うことにしました。
(ダイエットなんてやさしい言葉は使いません。)

コメントありがとうございました。

ではでは
Posted by nekogasky at 2015年09月26日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163682548

この記事へのトラックバック