2015年01月08日

ペット喪中と大雪

そま吉ブログを訪問くださった方、
一週間遅れですが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨年は我がにゃんこ軍団の一員であるせぴあが急逝し、
気分的に喪中なんですが、ペット喪中というのは日本では
浸透していませんし、理解できない人には一生できませんので、
対外的には喪中ではありませんでしたが、猫関係の方々には喪中という立場でした。

さて、それではブログはどうしようかと悩んでいたら、一週間経過しておりました。
キリもいいところなので、この「一週間」を喪中とし、
本日より平成27年そま吉ブログの更新です。

年末は埼玉の実家までの距離840kmを車で帰りました。
去年は日程的にうまく休日が絡んで長期休暇でしたので、
猫達も一緒に帰ったのですが、今年は2泊4日という変則日程ですので、3匹でお留守番です。

実家への道のりは問題なかったのですが、戻って来る時が大変でした。
京都・滋賀・三重で1月1日に積雪があり、高速道路が通行止めになってしまいました。
1月2日に通行止めが解除されたのを確認してからの出発です。埼玉を19:30分。
高速道路が滋賀に入ったあたりで深夜1時を過ぎていましたが、雪が降り始めました。
どんどん雪が強くなり、フロントウインドに当たった雪が解けると同時に凍りついて
視界が悪くなり、ワイパーにも雪がこびりついてきて、ちょっとまずいかな〜と思うと
既に周りの景色は白1色。右側車線も車の通りが少ないので轍が消えてしまってます。

20150102.jpg

こんな状態でトロトロと2時間ほど走り、京都を越えた当たりでなんとか走れるようになりました。
昨日、通行止めになったときは雪の中100台以上が立ち往生してしまったと聞いていたので、一安心でした。

そしてようやく我が家にたどり着いたのは、朝の9時ぐらいでした。
猫達の無事を確認し、そのまま寝てしまいました。

20150108.jpg

コタツの中からそま吉さんのご挨拶です。

2015010800.jpg

こちらは実家猫のみーちゃんです。

今年もそま吉ブログをよろしくお願いします。
posted by nekogasky at 11:17| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
nekogaskyさん、寒中見舞い申し上げます。
1年はあっという間ですね。
つい先日、去年、nekogaskyさんが4ニャンを連れて帰省した記事を見たような気がしました。
850kmの運転、お疲れ様でした。
私も車好き、だいすけもソコソコ車好きなので、
最近は猫も泊まれる温泉にでかけたりしますが、近場ばかりです。

今年もマイペースにブログを更新して下さいね。
楽しみにしています。
今年も宜しくお願い致します。
Posted by lanlan at 2015年01月10日 05:59
今年最初の更新、楽しみに待ってました
帰省、お疲れ様でした
かなりハードだったようですが、疲れは
すっかりとれましたか
そま吉さん達,お留守番偉かったね
今年もよろしくお願いします!
みんにゃの可愛い姿、たくさん見たいですヽ(*^^*)ノ
Posted by りんぽぽ at 2015年01月10日 21:05
帰省、大変お疲れさまでした。
私も帰省の時は、いつも連れていくか、お留守番させるか悩むのですが、結局ひとり残すのが心配でつれて行くことになります。
膝の上か、後部座席のソフトケージで過ごすのですが、すやすや寝てしまうのでストレスがかかると思いつつ連れて行ってしまいます。
そまくん、しるく姉さん、サラちゃん、いい子にお留守番していたんですね。

今年もブログ楽しみにしています。
どうぞ宜しくお願い致します。
Posted by nananomama at 2015年01月11日 23:58
年始からうちの9ヶ月になるフォーンソマリが、肢体を痙攣させるようになり、時々痙攣中に意識を失う大きな発作も起こり始めました。
痙攣がないときはぼーっと一点を眺めているか、眠りっぱなしです。
先日、獣医からてんかんかFIPではないかと言われました。
心臓含め、内臓、血液には異常が発見できませんでした。
FIPについては、今検査結果を待っています。
いちばんに頭をよぎったのはセピアくんのことでした。
もしかしたら主様もこんな気持ちだったのかな…と。
ブログを拝見していただけと、実際に自分の身に事が起こってでは気持ちがぜんぜん違いますね。
今苦しそうに痙攣をする愛猫を見守りながら、祈る思いで結果を待っています。
Posted by ann at 2015年01月13日 15:48
lanlanさんこんばんは。

雪の高速運転は初めてでしたので、
とても疲れました。
前日の通行止めが頭をよぎり、精神的な疲れのほうが大きかったです。

そして猫も泊まれる温泉ですか。
ちょっと検索してみます。

こちらこそよろしくお願いします。

ではでは。
Posted by nekogasky at 2015年01月14日 23:58
りんぽぽさんこんばんは。

この連休で疲れは取れましたが、
気が緩んだのか原因不明の高熱がでたりして、
ちょっと落ち着きがなかったりします。

猫達だけの3日間はちょっと心配だったのですが、
自動給餌器を2台セットしたり、
バケツに水を入れたり、あらゆるものを片付けたりと、
出来る限りのことをしました。
が、やっぱり心配でしたので、猫部屋にでもビデオカメラをセットして
インターネット経由で様子を伺えるシステムを構築しようと思ってます。


こちらこそよろしくお願いします。
ソマリーずの写真も期待しております。

ではでは〜。
Posted by nekogasky at 2015年01月15日 00:05
nananomamaさんこんばんは。

nanaちゃんはおとなしそうで、
いい猫ちゃんであることが伺えますね。
うちの某猫と大違いです。

確かにひとりでお留守番は可哀想な気がしますね。
うちは3匹でちゃんと留守番をしていたみたいです。
特に部屋を破壊した形跡もありませんでしたし、汚した形跡もありませんでした。
猫達だけの生活を満喫していたかもしれません。

こちらこそよろしくお願いします。

ではでは。
Posted by nekogasky at 2015年01月15日 00:13
annさんこんばんは。

なんと言ってよいのか言葉が見つかりません。
FIPでないことを我が家全員で祈っております。

私も確か去年の今頃、せぴあに異変があり、
何も手に付かないような状況になりました。
ただ、annさんの猫ちゃんは血液と内蔵に異常がないようですので、
その点が希望に繋がると信じてます。
(せぴあは血液検査がダメでしたから・・・)

あきらめないで猫ちゃんの側にいてあげてください。

良い結果が届くようにせぴあとアニー先生にもお願いしています。

(それから・・自分を責めたりしないでください。)

Posted by nekogasky at 2015年01月15日 00:30
新しい記事に暗いコメントをするのは申し訳なかったので、再度こちらにご報告を書き込ませていただきます。
FIPの抗体値検査の結果が出たのですが、結果はグレーゾーンでした。
今はまだ、けいれんがFIPからくる神経症状なのか、てんかんなのか判断はできないということでした。
昨日セカンドオピニオンのために、別の動物病院へ行ったのですが、お医者様には上記と同じ結論を言われました。
そして、子猫がFIPを発症した場合、神経症状がはじめに現れるケースが多いこと、もしFIPなら子猫のためかなり進行が早いことを言われました。
とにかく、今は観察を怠らず、様子を見守ってくださいとのことでした。
食欲は、いつもの1/5くらいで、今日もやはりけいれんをおこし、今は狭いところでうずくまって疲れたように寝ています。
主様のお返事、とてもうれしかったです。
特に、自分を責めないでくださいとのお言葉がとてもうれしかったです。
ありがとうございました。
ほんとうに、元気のないこの子を見ていると心が折れてしまいそうに、くじけそうになりますが、がんばって支えていきたいと思います。
短い期間ですがこの子が私を支えてくれたように…。
Posted by ann at 2015年01月17日 11:51
annこんばんは。

様態はあまりよくないようですね。
お察しいたします。
とにかく、FIPでないことを祈っております。

私も発病当初は何も出来ず、ただただ沈んでいましたが、
ブログを更新し、ネット上でも会話をすることによって、気分が落ち着いたことを思い出しました。

猫ちゃんの回復はもちろんですが、annさんの心を少しでも癒すことが出来ればと思っております。

では。
Posted by nekogasky at 2015年01月21日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/110745135

この記事へのトラックバック