2021年12月04日

★継続検査 しるく

しるくのFIPは皆さまのおかげで寛解となりましたが、
FIPの治療中も腎臓の数値があまりよくありませんでした。
FIP治療の影響も考えられるので、治療が終了したあとも定期的に検査をしています。

本日の血液検査。

2021120403.jpg

残念ながら腎臓の数値は良くないままです。
結果待ちの外部検査と合わせて、投薬治療を始めるかの判断することになりました。

高齢猫の腎臓はどうしても悪くなるので仕方がないです。

ちなみにしるくは元気ですので大丈夫です。心配不要です。
体重も治療後最重量の4.6kgをキープしています。


いつもの食事風景。

2021120400.jpg

スコッチがいません。

2021120402.jpg

「美味しいものをよこせ」としるくがアピールしています。

その左上に・・・・。

2021120401.jpg

なかなかベッドから出ることが出来ないスコッチがいました。

今日は寒かったです。

posted by nekogasky at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記