2020年04月10日

わからない。

新型コロナウィルス。

日本で感染者が出たのが1月の半ば。
クルーズ船:ダイヤモンド・プリンセス号が横浜に来て、日本はもとより世界の注目となったのが2月半ば。
イランで感染が始まったのがその少し後で、イタリアで猛威を振るい始めたのが2月末、
その後スペイン、フランス、イギリス、ドイツと続き、3月に入ってアメリカ全土に蔓延。
アメリカは本日現在で感染者46万人超、死者16,686人。

それに対してわからないのが日本の死者。100名程度。
感染者は相当いることは確実なんですが、死者が圧倒的に少ない。
まるで封じ込めに成功しているようです(笑
政府はたいしたことをしていませんが、現場が優秀だったのか、かなり頑張っておりました。
そもそも日本はダイヤモンド・プリンセスの一件で、新型コロナの感染力の強さ、無自覚・無症状の感染者の多さから、水際対策(完全封鎖)を早々にをあきらめ、感染を防ぐのではなく、感染のピークを低くする方針、すなわち重症者優先とウィルスをまき散らす、感染力の強い感染者を排除する方向にシフトしていたはずです。
ガンガン検査してパニック状態になったイタリアやアメリカとは違い、
「オリンピック開催のための隠ぺい」説まで流れるほどの検査の少なさ。
そしてこの時期に海外旅行をして感染して帰ってくる老若男女。
空港のザル検疫。
活動自粛でも「自分は大丈夫」という謎の自信から動き回る人たち。
ライブハウスにコンサート、格闘技イベントK-1開催、宝塚再開、バーにラウンジに、カラオケ、
居酒屋で大騒ぎに花見禁止の場所にシートを敷いて酒盛り。
それでも死者100名。

国際的に批判を受けても中国からの入国規制を1番最初に実施したアメリカ。
日本では検査が陰性だからと公共機関に放流してしまうダイヤモンド・プリンセスの乗客も、
感染者は日本に置いていき、非感染者だけを連れて帰るも軍の施設にしばらく軟禁していたアメリカ。
日本も協力を仰いでいる疾病の専門機関(CDC)があるアメリカ。
感染者が100人ぐらいで非常事態宣言をして、感染が収まらないのですぐさま都市封鎖までしたニューヨークのあるアメリカ。
それでも死者16,686人

同じ病気とは思えない。日本もこれからイタリア、スペイン、アメリカのように死者が1万人を超えるのか、それともこのままジリジリと増え続けて1000人程度でピークを迎えるのか。

誰もわからない。
スコッチにもしるく姉さんにもわからない。

2020041001.jpg

起床
徒歩にて会社に向かう。セブンイレブンで1.0Lのお茶を買う。
昼食は吉野家さんの牛丼(並み)。持ち帰り15%オフ。税込み322円。
ついでにコクミンドラックとマツモトキヨシでマスクチェック。
コクミンドラックでマスクを発見!
2020041002.jpg
でもなんか違うような・・。買わず。
業務終了後徒歩にて真っすぐ帰宅。

以上

posted by nekogasky at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記