2014年08月02日

暗転

病状が一進一退だったせぴあですが、
悪い方に転んでしまいました。

注射を打ってもらうと安定する症状ですが、
今回はなかなか食欲が戻らず、7月は何度も通院しておりました。
先週末に通院したところ、食欲がないのに体重が微増しておりました。

原因は腹水です。

FIPが発症してからも腹水がたまることがないので、進行が遅いタイプ(ドライタイプ)だと思っていました。
今回、腹水がたまるタイプ(ウェットタイプ)を発症したことにより、病状は極めて厳しいです。

以前から楽観的なことは一切言わない先生でしたので、
覚悟をしておりましたが、それでも先生の言葉は厳しかったです。
(これからは病気を治すというより、延命の治療になる、遠まわしに言われました)

「FIP」、「腹水」でネット検索すると絶望な記事しか出てきません。
それは1月に発症した時点でわかっていたことですが、それでも辛くてどうしようもありません。

なんとかお腹の水がせぴあ自身の力で抜けるよう、
心を鬼にして嫌がるせぴあに薬を飲ませています。

せぴあを心配していただいている皆さん、良くない報告になってしまいましたが、
次回は良い報告が出来るように、せぴあも頑張っています。

もちろん、私達飼い主も希望は捨てていません!
posted by nekogasky at 12:40| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記