2011年07月13日

庶民とお金持ち

先日、ブルーレイHDDレコーダーなるものを買いました。

金銭的と気分的には清水の舞台から飛び降りたのですが、
その時、今使っているビデオやHDDレコーダーを3000円〜9000円で下取ります、
っていうキャンペーンをやっていました。

下取りの機種は、後日もって来ればいいとのことだったので、
3000円引いてもらい、翌週、リサイクルショップでビデオを100円で買って
持っていきました。

手続きをするカウンターが少し混んでいたので、
ちょっと待っていたのですが、同じように下取りの機種を持ち込んでいる
人がいました。

品のよさそうなご年配のご婦人とその息子であろう方。
会話の内容が聞こえてしまいます。
「もう今月末で使えなくなるからちょうどよかった。捨てる手間が
 省けたばかりか、お金までもらって・・・」という会話。 
手にしている機種は、地デジ対応ではないが、当時パナソニックの高級HDDレコーダー。

人間の質といいますか、このような人たちがいるおかげで、
日本の経済が回っているのだと思いました。

いつも特売品を買っている自分がちょっと恥ずかしくなりました。


次の日、少しはお金を使って経済を良くしようと、
超高級水生生物を買いにいきました。

2011071301.jpg


「新装開店記念。先着30名限定特売」に並んで購入しました。
流木の右側にいる、小さな赤白のエビです。


298円です。
posted by nekogasky at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記