2011年05月31日

アニー先生のこと

アニー。


腎臓・肝臓のダメージが深く、
さらに後ろ足のじん帯が切れてしまいました。


こう書くと、悲惨な状況を想像してしまいますが、

内臓サポート食をきちんと食べ、
じん帯は周りの筋肉が徐々に代わりをするようになり、
元気に動き回っています。

ところがまた試練が。。。

免疫力の低下により、普通なら取り付いても問題をおこさない
「ダニ」が活発に活動するようになりました。

皮膚がぼろぼろになり、痒いので患部を掻いてしまい、
患部が広がるという悪循環。


2011053100.jpg

その悪循環を少しでも断ち切るため、
エリザベスカラーの装着です。

2011053101.jpg


調子の悪いアニー先生を見守るフォーン師弟。


やさしいです。
posted by nekogasky at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記