2011年02月24日

クララが立った、アニーがクララッた。

昭和30-40年代生まれの方以外は、意味不明なタイトルだと思いますが、
やはりこの言葉を使いたくなります。


別に嫉妬を起こしたソマリ猫:pete吉がアニーを突き飛ばしたのではありません。

今日、アニーはよろよろしながらも、きちんと自分の足で歩きました。
まだぎこちない歩き方で、真っ直ぐに進むことも出来ませんが、
2メートル程しっかりと歩きました。

じん帯を切ったときは若干太り気味でしたので、食事の量をコントロールして
きたことも一因かもしれません。

DSC110222400.jpg

まだ「自由に歩く」といったところからは程遠いですが、
歩くことに対して、意欲的なので、徐々に歩く距離が伸びると思います

posted by nekogasky at 21:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記