2010年09月11日

衝撃!多頭飼い「しつけ失敗」の朝

そま吉はきちんとしつけをしようと努力しました。


常に霧吹きを持ち、テーブルとか乗ってはいけないものに乗ろうとすると、
霧吹きで水を掛けていました。


その効果があり、そま吉はテーブルやキッチンに登ることはなくなりました。

しかし、本気噛みや夜11時からの野生に戻ったかのような大暴れにホトホト手を焼き、

最後の手段としてしるくを加入しました。


その効果は抜群で、そま吉は攻撃を加減することを覚え、深夜の暴れもなくなりました。

一方で、しるくは非常に人懐くて性格がよく、暴れまわったりしない猫でした。
ところが好奇心と食欲が旺盛で、テーブルに上がるわ、キッチンに登るわ、
ゴミ箱をあさるわで、こちらのほうに困ってました。

霧吹きの攻撃もあまり効果が無いのと、
自分よりひと回り大きいそま吉の攻撃を一身に受け、
ゴソっと毛を抜かれ、
悲鳴を上げながら、それでも耐えているしるくを見ていると、

あまり強気に出ることも出来ず、

ついつい怒らずに見逃すことが多くなりました。

するとそま吉もいつの間にかテーブルに乗ったりするようになり、
キッチンにも登り、ゴミ箱をあさる・・・・。


そしてせぴあが加入し、全く考えていないところからサラがやってきて・・・・。


そして現在、毎朝朝食をとる為に朝食を持ってテーブルに向かうと・・・・。

DSC01047l.JPG


多頭飼いしつけ崩壊現場が目の前に現れます。
posted by nekogasky at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記